2015年09月02日

レッスン報告


この夏のレッスンは軽井沢で籠のアレンジ。

お写真は生徒さんの作品ですがお手製のブルベリージャムを添えてお友達にプレゼントなさるそうです。
このジャムはお庭のブルベリーを摘んでジャムになさいました。
全てお手製のプレゼント、きっと喜ばれるでしょう!

7D767F33-9DC9-47AB-A64E-FFCBAB670CFD.jpg

2015年09月01日

栗のリース

今日から9月。
今年はこのまま秋に突入でしょうか?
確か去年は10月の初め頃まで残暑と戦っていたような気がします。

さて!去年とても好評だったので栗のリースを作りたいと思います。

軽井沢でのレッスンも予定していますが、成城のスタジオでも行います。
野栗を採ってきますのでご希望の方は、シルバーウィークまでにご連絡下さい。
お待ちしております。

189BA973-C646-471B-9E3D-60279180BF43.png

2015年08月24日

軽井沢

軽井沢には数えきれないほどのカフェがあります。
今回は、130年前の古民家をリノベーションした御厨というカフェに行ってきました。

合鴨農法で育てられたお米を釜戸で炊きおひつに入れて出してくれます。

私はとろろ御膳をいただきデザートにはあんみつを。
このあんみつがまた美味しいこと!
下には豆乳プリンかな?隠れて見えませんがお抹茶のアイスとトマトの甘煮が調和して大満足のランチでした。

DA0318BE-7294-4E95-8C5C-8E374A14512C.jpg920CFFC2-82B9-4B2D-8E7D-DD0A5CABA8EA.jpg2D2420D3-FF65-472D-93EA-717175C628F6.jpgBDC51E7B-D7A4-4AD8-8A4A-3A8AE5AD732F.jpg0F24B8BD-6AD5-4BEB-8E5A-89FC424E2D25.jpg

ここはまた行きたい!と思えるカフェでした。

アナベルのリース

大好きなアナベルをリースにしました。

咲き始めはグリーンそしてホワイト、8月に入ると少しずつまたグリーンへと変わってきます。
お花屋さんのアナベルは別ですが、お庭のアナベルはこの時期にならないと茎がしっかりせず綺麗なドライになりません。

今はフレッシュですがドライに変わっていくのが楽しみです。

784EA740-7FBC-4105-952E-99173AC636C6.jpg111233B3-CBAC-4E8C-B206-6FC8514F1DC6.jpg

2015年08月06日

キルト

ロサンゼルスにいた時にアメリカンキルトとの出会いがあり色々な作品を作りました。

そして今度はアンティークキルトとの出会。
先生の作品は全てアンティークの布を使った作品ばかり。
何年もかけて古い布を集められています。
日本の藍染からフランスやイギリスの古布を山のようにお持ちです。
それを見せていただくだけでも楽しくて!
キルトは、全く作る気は無かったのですが、布を見せていただいた途端、魅了されてしまいました。
花柄一つみても深い陰影があり発色も綺麗で今の布には無いものばかり。

初めはシックにグレーを基調とした物を作るつもりでいましたが、なぜかピンクばかりになってしまいました。

E3B59F35-D743-4111-99AD-DA8C53CBE924.jpg573B29D2-A2CE-4444-A28E-0F87855F7568.jpgB7C8BAAF-6202-4BBB-A00E-1CC0528907BB.jpg

2015年08月03日

レッスン報告

葉月に入りました。
  旧暦では初秋。

しかし毎日焼け付く様な暑さが続いてきますが皆様、いかがお過ごしですか?

今回のレッスンは、マガジンラックを作りました。
布は何年か前に買ってあったラルフローレンの厚手のインテリアファブリックを用意。

手持ちはカシメで留めました。
クーラーはガンガンにかけてあっても少し力仕事が入るとあー!暑い。

BC6ED7B4-8519-47A7-8583-2F75CD8E4DB4.jpg


2015年07月21日

軽井沢レッスン

今回の軽井沢レッスンは、ご近所の方々がお越し下さいました。

お写真を撮り忘れてしまったので一部をご紹介させて頂きます。

お家の形のキーボックスとカードボックスです。

カルトナージュでお家を作り外側はトールペイントをして仕上げました。

28143C8A-2E32-46E1-AF57-82BEB02E66EF.jpg17524C54-9988-4E95-812D-6C90A000608C.jpg

2015年07月13日

軽井沢レッスン

軽井沢レッスンが始まりました。

気持ちが良かったので作業はお外でしました。

今回は籠のアレンジです。
仕上がった後の写真撮影は、それぞれお庭で。

自然ととけ込んでいました。

2880D6FE-9824-45B1-8574-710017570996.jpgAA95A593-BA58-4A06-AAC4-0FEAF19D330A.jpg000295BB-1B2B-4880-9273-FBD80831126C.jpgD83DA431-B900-46DE-952C-8C71E365716A.jpg

2015年07月05日

軽井沢レッスン

今年から軽井沢でレッスンを始めます。

カルトナージュもいたしますが、この春イギリスを旅した時に湖水地方で見つけた籠がとても素敵で忘れないうちに作ってみました。

籠に苔とアーティフッシャルを巻きつけたアレンジ。
そのまま飾ってもいいですし中にお花を入れても楽しめます。

9BE1F770-4DC9-4A2E-A163-7AD976273131.jpgECE9C6DC-82A0-49E6-9821-0D97DD49CEBE.jpg

2015年07月03日

レッスン報告

ジメジメとしたうっとおしい一週間でした。
ついついお写真を撮り忘れてしまいご紹介する回数が少ないこの頃です。

今回は、オルネでお花を作り貝殻とデコレーションした夏らしい鏡。

私が以前レクチャーを受けたのは大きな貝殻と大きなヒトデを使ったものでしたが、今年はいい貝殻が手に入りませんでした。
しかしお花も素敵です。

次の作品はご主人の書類整理箱。
リビングに置きっ放しにされている書類を片付けたいとご希望のサイズで作りました。
そこら辺に置きっ放しにしないで今日からこの箱の中に入れてくださいね!


C85AD132-129E-46DB-BDDC-0DBA30AA2AD4.jpgD6CD7E3C-64D4-412D-BFA1-61BA5F0C3196.jpg26BEF730-76CF-44B3-83F6-06C6224CA941.jpg

2015年06月02日

イギリス12

最後になりました。

国会議事堂見学。
ここは歴代の王が住んでいた宮殿でした。

本来の目的はイギリス人にもあまり知られていないアフタヌーンティーをすること。

いったいどこにそんな場所があるのか?
議会が開かれていない時だけ限定で行われているということで日本で先生が予約をしてくださり運良く行く事ができました。

テムズ川に面したティールーム。
ロケーションもお味も最高でした。
旅の締めくくりにはぴったり︎

今回は、普通のツアーでは行く事が出来ない内容の濃いそしてとても想い出深い旅になりました。

463E6800-7F48-4F45-912C-A1367D0D0575.jpg1295616F-DE87-47C4-8BA9-248DE192E11D.jpgDD6BF95C-3A58-46A0-B5DF-25AF53E57D7A.jpg197E5CB3-B8AF-4A96-A12C-E1C84575FF65.jpg9019CECE-BB24-45F1-A257-956B56FB7B13.jpg

イギリス11

最終日は、盛り沢山の予定をこなしました。

まず朝一でポートベローへ。
ここはアンティークのお店が立ち並んでいます。
去年はここで素敵なクリスタルのワイングラスと出会い日本に連れて帰りました。

次に向かったのがウエストミンスター寺院。
歴代の国王の戴冠式が行われる由緒ある寺院。
故ダイアナ妃の結婚式もここでしたね。
ゴシック建築で世界遺産の教会です。

FFEC4835-D381-4F1B-A52B-858EA16F76F7.jpgE998DCF0-E4C2-4FB7-AEC4-CC2C4AC8BAF3.jpg11D13FDA-0E25-4AE2-B7E2-7204262F8A6B.jpg5545F33F-78EA-4EC1-A717-BB04DE4948B7.jpg

イギリス10



いよいよ旅も終わりに近づいてきました。

最後はロンドンです。

イギリスのお食事はあまり…。
という事はよく聞いたものですが、去年といい今年も食べ物には何処も大当たり。
全て美味しくいただきました。
ロンドンと言ったらやはりローストビーフ。
これも美味しかったです︎

8F3E700D-6D3C-4271-8A58-93A4D855ECFF.jpg677D3422-FE2D-446A-8902-59EC14DC3204.jpg

2015年05月31日

イギリス9

アフタヌーンティーを考案したのがベットフォード侯爵夫人のアンナ マリア。

アフタヌーンティー発祥の地ウォーバンアビーに立ち寄りました。

時間が押してしまい慌ただしい滞在でしたが、ここのスコーンは美味しかった!
さすが本場です。

F2766BAB-8812-4D69-959D-A954E8D1D2C3.jpg91E4CE2C-AD01-48C5-A0AA-DAF5F96B5DA4.jpgBCB26C44-092C-49E4-8657-36D476CAC4D9.jpg

イギリス8


CB31F91A-B622-4791-90EC-5BCD4E6791D6.jpgここは、スタフォードにあるシャクバラー。
ここも貴族の館です。
ものすごく広大な敷地の中にあります。
今回は、召使いの館を見学しました。
この素敵な建物が召使いの館です。
中は当時の物がそのまま残されていて大勢の使用人が居たことがわかります。
生活に必要なお店や子供達の勉強室まであっんですね。
E50697F0-FD7A-4C01-A4C9-263B7FF31A84.jpg9CB689E8-C685-421E-8E8E-C09715982DB5.jpg942CE5C6-35E1-4537-AD2A-831675D753AA.jpg133E4DD7-C025-4A6C-8375-738D02FB28B4.jpgC4713A47-1568-44E0-9617-F16F7BF1B036.jpg

今でも羊や牛を飼っています。E76EA305-6ADD-49A1-8908-66093F9EB6E1.jpg4C3E38AD-E6F8-4C33-B1F4-7596767BF5C0.jpg

イギリス7

ここはコッツウォルズのブロードウェイです。
建物は全て蜂蜜色。
ウィステリア 藤のお花が満開てました。

5D89ACED-5717-48B3-A48B-8B46CC09F5DA.jpg10725AE7-FADE-4E2B-8E6B-6CF4DDDC1FEC.jpg

とても可愛い八百屋さん
B56C8757-8A1D-4D40-89D2-5EB5C77CD0A9.jpg

2015年05月26日

イギリス6

コッツウォルズに近いウォルトンに宿泊しました。
ここは典型的な貴族の館。
広大な敷地の中にお屋敷と教会があります。
お屋敷は今はホールとして使われていました。
その側にホテルが建ちそこに宿泊しました。
この時期は日が長いのでゆっくりお散歩を楽しめます。
とても気持ちよかったです!

D5FF971C-5D7A-40CC-B280-01546658FC11.jpg242B62D4-71EF-4F7A-B33B-9AC3296AE96B.jpg7CDDD534-6556-4945-BDCE-101CF13D5833.jpg900CCB1B-56A7-4B79-A90A-4B6D491F9447.jpg8AAD0B36-49A3-443F-AD8D-BCD2EF90D982.jpg

イギリス5

ストークオントレン

ここは陶器の街。

F9F43A8D-612F-44FB-AA0B-7D799C67E47F.jpgこの大きな釜で焼いていました。
昔、街にはこういう工場が沢山あり空が薄暗くなるほど煙で空気が汚れてしまい子供達にも害が及ぼされ廃止になったそうです。

陶器博物館

D2C4B487-D3BE-4258-B6CA-F5187F72D449.jpg83EA1026-5610-4D80-AAD9-6C08CFE9C0ED.jpg1CA644C6-A074-4F58-82CF-3AA786607BAE.jpg

イギリス4

貴族の館、ハドンホールとチャッツワースをご紹介いたします。

去年もそうでしたが、昔の貴族の生活に圧倒されました。
昔のお城は石造り。
冬はさぞ寒かったと思います。
そのため暖をとるために大きなタペストリーが飾られていました。

AA782BF4-CAF6-4836-B244-05D6A633F283.jpg8553C6BF-B745-4C9D-8EF8-A4CFBFBED19C.jpg026D8382-860B-4DDE-9372-FB397DB28E6E.jpgB3F42BCB-3264-4E07-92AA-CB2DC32408AF.jpgD6D015E5-E1CE-4BB0-8F56-F1FAA281440E.jpg

イギリス3

湖水地方ではローラアシュレイのホテルに泊まりました。
ホテルの中はすべてローラアシュレイ。
インテリアの飾り方、色使い、とても参考になりました。

眺めも最高です。

5FB3D496-5876-4710-B36D-0CFFBE7B6039.jpgB495184E-8E73-42C2-BA24-294EE5224379.jpg724D92F1-900B-4E8E-A58E-C0E3225EC822.jpg2301217B-B83D-463D-BBAF-73DE4DA7C0AB.jpg